脳卒中片麻痺体操(ロッカー機能)

 

 

脳卒中片麻痺の足の使い方として、

ロッカー機能の再学習を進める方法の一つです。

 

 

内反尖足やクロートウなど麻痺の影響で

なかなか難しい足の使い方ですが、

荷重の変化を知覚することで、

筋緊張や歩行時のバランスの改善を促します。

 

今一度、

 

・ヒールロッカー

・アンクルロッカー

・フォアフットロッカー

 

における荷重ポイントと

足部内在筋の機能を高め、

学習を進めていきましょう。

 

 

 

ご予約はこちら