胸髄腫瘍除去術後、脊髄症状でお悩みの方がご来店されました。

 

 

20年前の胸髄腫瘍除去術後、脊髄症状と付き合いながら生活をされていました。

5年前から徐々に状態が重くなり、杖を使って歩くようになり生活されています。

 

 

今回の悩みとして、

・足は痺れていて右膝がガクガク横に揺れる。

・踏ん張る時に、膝が伸び切ってしまうのが怖い

・段々と歩きにくくなってフラフラしてきた

 

そのため、

膝がガクガクせず、フラフラしないように歩きたいとの願いでした。

 

 

初めに、リハビリは、

筋肉のつっぱりで内返しに浮いてしまっている足に対して、

足裏全体が広い面でしっかり地面に踏ん張れるように感触を修正。

次に反り腰で内股になりやすい姿勢に対して、

まっすぐの体を認識していただき、

骨盤運動とお尻周りのトレーニングで、

右脚がまっすぐ踏ん張れるように体で覚えていただきました。

 

次に、インソールは、

膝の横揺れの軽減と、膝の過伸展を防ぐことを目的に、

右足で安心して踏ん張れるように調整し、作成しました。

 

リハビリとインソール前後の動画です↓↓

 

 

リハビリとインソール作成後では、

・足で踏ん張る感覚が分かる

・膝が横にも後ろにもガクガクしない

・足を引きずらずに歩きやすくなった

 

との声をいただきました。

 

脊髄症状などの神経症状に対して、リハビリとインソールを併用することで、

より変化を引き出すことが可能です。

 

 

 

ご予約はこちら