脳卒中片麻痺体操(四つ這い)

 

 

手足の支える力を身につけるために、

 

四つ這いは効果的です。

 

今回は、四つ這いでの自主トレーニングの紹介です。

 

四つ這いをすることが難しい場合は、

テーブルに手を添えて実施してみましょう。

 

また、麻痺の腕が伸びにくい場合は、

非麻痺側の手で一緒に伸ばして実施してみましょう。

 

 

<効果>

・上肢、下肢の荷重感覚の入力

・肩甲骨、股関節周囲の動的支持の安定性向上

・体幹の水平保持

・曲がった麻痺の手がしっかり伸びる

など

 

 

前後、左右、斜めと多方向に運動することで、

より幅広い姿勢のコントロールが可能となります。

 

普段、四つ這いに慣れていない方もいると思いますので、

転倒には十分気をつけて実施しましょう!

 

 

 

ご予約はこちら