脳卒中者が感じている世界観!

 

 

 

日頃、脳卒中のクライアントさんと一緒にリハビリをしますが、

私自身、クライアントさんの様子を観察しながら、

いつも悩みます。

 

本当にたくさん悩みます。

 

なぜなら、

私が脳卒中の経験がないからです。

脳の病気になるとはどのような感じなのか!

 

 

脳卒中のクライアントさんは

・どんなことを感じているのだろうか?

・何が見えているのだろうか?

 

 

いつもこの考えを抱きながら、

答えを探しています。

 

 

そのため、

少しでも、クライアントさんの世界観に近づくために、

『どのように見えますか?』

『どんな感触ですか?』

 

この質問をたくさん問いかけては

リアルな声をいただきます。

 

 

今回は、

クライアントさんの貴重な声を集めてみました。

 

 

セラピストが少しでも同じ世界観や価値観に近づけるように、

ご紹介します!

 

 

 

<自身の体について>

・そもそも2〜3ヶ月リハビリすればよくなると思った

・自分の体では無い感じ

・よくなったり悪かったり、ムラがあるんです

・急に体半分が無くなった

・何でもできる気がするけど、できないんだよなあ

・本当に辛い

・前より自分の足の感じがします

・だんだん体がわかってきました

 

 

<心理状態>

・怖い

・周りに人がいるだけで、なんとなく疲れる

・考えると頭が真っ白になるんですよ

・これ以上(体の中心線より)横に動くと、倒れそうです

・(不随意運動に対して)悪さしないでくれって願うことがある

・助けてもらうことが申し訳なくて

・回復が進まないと落ち込む

・(リハビリに対して)こんなこともうヤダよ

・よく体が動いていた姿の夢を見ます

・家族の話をするだけで泣けてくるの

・手を握ってくれるだけで安心

・そばにいてくれるだけで、安心

 

 

<視空間認知について>

・景色がゆがんで見える

・景色が波をうっているように見えます

・床が傾いてます

・壁が急に狭くなっている

・壁が動いて見えるんですよ

・目の前に霧がかかっている

・縦は普通だけど、横は二重に見える

・もう光が眩しい。目を閉じてていいですか?

・顔を斜めにすると(横目で見ると)はっきり見えます

 

 

<接触・圧などの感覚刺激に対する感じ方>

・えっ、触ってますか?

・全然分からない

・痺れが増します

・痺れが増すので、触られたのがわかります

・立ったときは、正座で足が痺れた時の状態がずっと続いています

・(なでる程度の刺激に)思いっきり叩かれた感じがする

・(触れるだけで)いや〜、痛い!

・針で刺された感じ

・(足指を触っている時)膝か太ももの前かな?

・なんだろう、痛痒くなるんだよな

・常に厚めの靴下を2枚履いている感じです

・一年中、常に寒いんですよね

・前よりわかってきました

 

 

<身体認知について>

・自分の脚じゃないみたい

・体、曲がってます?

・ここが真っ直ぐですか?すごく捻られてます

・重い、とにかく重りを繋がれた感じ

・頭のてっぺんまで下に引っ張られてます

・あれ、手が無くなった

・(顔の麻痺に対して)何か硬いものが中に入ってる

・(失調症状があり)いつも地震が起きてるんだよね

・(Pusher現象に対して)こっちから(麻痺側)から引っ張られるんだよな

・(骨盤の水平位や歩きの踏み返しができると)脚が伸びた

・(両肩甲骨を水平にすると)麻痺側がものすごく持ち上げられてます

・(姿勢が真っ直ぐ伸びると)体が軽くなって飛んでいきそう

・(肩甲骨の動きを獲得した時)腕がビュンと伸びた。止まらない

・(麻痺側からの声かけに)頭の後ろから声をずっとかけられている気分

・今は真っ直ぐに感じます

・足の裏が真っ直ぐ着くのを感じます

 

 

<歩行について>

・歩かされている、自分で歩いてる感じは2割くらい

・脚が鉄の棒みたいに突っ張る

・(重心移動にて)麻痺してない足の体重が減ったので、麻痺の足に体重が乗ったと思ってます

・(一般的な二動作のリズムで歩くと)スピードが速すぎて怖い

・(ガニ股傾向が真っ直ぐになると)内股になってます

・装具は固いし重くて足が出しづらい

・装具の中で、足が常に浮いている(しっかり着いている状態だが・・・)

・(階段の上り)麻痺の脚から登ったほうがやりやすい

・(下り坂で後方姿勢に対して)体が前に傾いているから、真っ直ぐしてます

・あ、おヘソを一緒に移動すると歩くのが楽!

 

 

<手作業の感触>

・今、物を持ったのかな?どうなんだろ?

・厚手の手袋をつけている感じだな

・手が戦うんだよね

・勝手に指が曲がってきて、邪魔するんだよ

・(腕を)止めようとすればするほど勝手に動くし

・(物を握ろうとすると)弾かれる

・大は小を兼ねるから、力いっぱい出します

・手をちょん切りたい

・(思うように動かせず)もう、って思います

・腕を取り替えたいです

・だんだん動きを感じてきました

 

 

クライアントさんの実際の声を聞くと

 

外から観察していることと

クライアントさんが感じていることを比較すると

”えっ”っと思うことがたくさんありますね。

 

特に、

Pusher現象の麻痺側から引っ張られる感じがするは、

本当に貴重です。

 

 

セラピストは

クライアントさんが違う世界を感じていることを

理解することが大切です。

 

 

リハビリに関わるセラピストが

クライアントさんと信頼関係を築くための第一歩は、

クライアントさんの世界観を知ることかもしれません。

 

 

 

ご予約はこちら