高知のセミナーで感じたもの

 

 

 

快晴の清々しい日

 

高知の地で、リハビリのセラピストを対象に

セミナーの講師を勤めました。

 

久しぶりに本州を離れ、

初めての四国入りでしたが、

 

今回の出張で一番感じたことは、

暑い:気候

熱い:活動に対する思い

厚い:人と人のふれあい

 

 

この3Aです!!

 

 

もの好きな私は

地元を離れ、他の地に行くと

出来るだけ、その地の歴史を知るようにしています。

なぜかというと、

どうして今、このような街に発展したのか?

環境

土地柄

産物

その地の人々の様々な思い

これらが長い年月を経て形になることで、

街が出来ていると思っているからです。

 

だから、

歴史的な背景を知ることで、

地の人々の意志を感じることが出来ると思います。

 

 

高知は言わずと知れた

坂本龍馬の故郷

 

 

海外の近代の発展を知り、

幕末の日本を変えるべく活動し、

熱い思いを持った人物である。

 

そのような熱い思いを持った暑い地で、

人情味溢れる厚い人々や街が発展しているのだと感じました。

 

 

 

さて、肝心のセミナーはというと、

「脳卒中の運動制御と臨床応用」というテーマで

お話させていただきました。

 

・運動制御理論、運動学習理論の理解

・脳卒中の病態に沿った運動療法の展開の基礎

・脳卒中患者にとってのリハビリテーションの目指すもの

 

 

脳卒中の病態を理解した上で、

脳卒中の方が、自分の人生を充実して生活を送るために

セラピストとしてどんなサポートが出来るのか

その思いをお伝えさせていただきました。

 

遅い時間にも関わらず、

セラピストの熱き思いと

活動力に感銘を受けました。

 

 

講師を務める以上に、

人として学びの多い旅になりました。

 

 

 

ご予約はこちら