箸は自助具によって手の使い方が変わる!

 

 

動画では、

通常と自助具では、手指の使い方が変わる一例を紹介します。

 

 

日本人なら

ご飯を食べる時

箸を使うことが多いと思います。

 

 

片麻痺の方は

病気を発症する前は

利き手で普通に箸を使っていたと思いますが、

 

発症後、利き手の手指に麻痺が残ると

自助具を使ったり、

利き手を交換して

箸の使い方を練習することがあると思います。

 

 

この箸の自助具について、

一般的には使いやすいように工夫されていますが、

 

自助具の種類によって

手指の使い方が変わります。

 

場合によっては

通常よりも難しく腕や手指の使い方が要求されることがあります。

 

当然、

リハビリの進め方も変わってきます!!

 

 

 

手指の機能に合わせて自助具の種類を選び、

箸の使い方を

しっかりと身につけましょう!!

 

 

 

 

脳卒中つくばリハビリセンターは、

生活の質の向上を目指して、しっかりサポートしていきます!

 

お悩みにご相談・ご予約を受け付けております↓↓

 

ご予約はこちら