杖の選び方と使い方

 

 

杖は、立つ時や歩くときに支えとして役立ちます。

 

 

今は身近なところで杖を買うことができますが、

どのような基準で杖は選んでいますか?

 

デザイン?

形?

安さ?

 

 

一般的には上記を基準にして選んでいると思います。

 

深く考えず

「使えればなんでもいいや」

という方もいると思います。

 

 

確かに、現在の市販の杖はほとんどが長さを調節することができますし、

大きさ、形なども似ているため、

深く考えなくても、大きく外れることは無いと思います。

 

でも、

実際に様々な杖を使い比べてみると、

感触が全然違うんですよね!!

 

・素材

・形

・重さ

・太さ

・しっくりくる長さ

・長さの調節のしやすさ

・持ち手の握りやすさ

・体重のかけやすさ

・杖先のゴムの感触

など、

一本一本の違いを感じることができると思います。

 

 

足下で言えば、

靴選びも同じことが言えますよね!!

 

デザインが気に入ったけど、

履いたら履きづらかったとか、

 

履いたらフィット感がよく、歩きやすかったなど。

 

 

 

何より大切なことは、

「使いやすさ」

です。

 

 

では、

次に杖の使い方についての話ですが、

基本的な姿勢や杖をつく位置を教わったことはあるでしょうか?

 

大体の方は無く、我流で使っていると思います。

 

闇雲に体重をかけて踏ん張ればいいというわけではありません。

 

一本杖で支えられる割合は

体重の約1/5程度です。

 

 

持ち手の肘を15〜30軽く曲げ、

足の外側前方に15cm程度離れた位置につくことが基本です。

 

 

歩きのリズムは

2拍子で歩く2動作歩行

3拍子で歩く3動作歩行があります。

 

 

2動作歩行は、

バランス能力が必要ですが、

スピードが速く歩くことが出来ます。

 

一方

3動作歩行は、杖を体より先について使います。

スピードはゆっくりですが、

安定して歩くことが出来ます。

 

 

自分にあった歩き方で、

杖を使いこなしましょう。

 

 

 

杖もファッションの一つです。

 

お気に入りの杖を使えば、

自ずと歩いて出かけたい気持ちになります!!

 

 

デザインと使いやすさ

両方を兼ね備えたものを

ぜひ、見つけましょう!!

 

 

 

ご予約はこちら