ゴルフ復帰を目指して

 

 

 

脳卒中片麻痺になってもスポーツをやりたい!

このように願う方は多いはず。

 

 

今まで趣味のゴルフをラウンドしていたが、

脳卒中の発症をきっかけに出来なくなってしまった。

 

 

「腕は伸びないし、思うように上がらない」

「歩きづらい」

 

などの体の不安は、

 

 

「クラブが握れない」

「クラブが振れない」

「とてもボールは打てない」

「ラウンドは無理かな」

 

など、出来ないという思いを強めてしまっていた。

 

 

 

もうゴルフは諦めるしかないのだろうか・・・!?

 

 

 

いや、そんなことはない!

身体の条件がしっかり整えば、再び出来る可能性があるのです。

 

 

しっかり活かせる能力と

課題を評価し、

一つ一つ丁寧に解決していきます。

 

 

 

プラス面

・今まで培ったゴルフの経験値がある

・非麻痺側上肢の機能は十分ある

・麻痺の手で握る力は十分ある

・麻痺の手を振り上げる力はある

・中腰で踏ん張ることができる

・非麻痺側下肢(左脚)への重心移動が滑らか

 

活かせる要素が沢山あります!

 

 

課題

・猫背

・背骨の回旋制限

・肩甲骨が固定的

・麻痺の肩を上げにくい

・肘が伸びにくい

・手が広がりにくい

・上半身が麻痺側にねじれ下がっている

・麻痺側の足の筋肉が縮まっている

・股関節の回旋制限

・麻痺側下肢への体重移動が不十分(ふらつく)

課題の解決が求められます!

 

 

 

解決策

身体要素

・背骨のしなやかさと肩甲骨の動きを引き出す

・肘の伸びを獲得

・手の開きを獲得

・縮まった足が広がる

・股関節周りの動きと支える力を獲得

 

体の使い方とゴルフ動作の学習

・麻痺側下肢への体重移動と回旋運動

・肩甲骨面での協調的な上肢運動

・スイングプレーンの修正

・多種パッティングによる力量調整の学習

 

などをこなしていきます。

 

 

「うん。しっかりに握れるぞ」

 

 

徐々にゴルフスイングが身についてきたことで

気持ちも前向きになり、

 

「できるかな」が、

 

 

「できそう」

「やってみよう」

 

に変わってきました。

 

 

パターの練習では様々な距離を練習し、力加減を身につけていきます。

 

 

ゴルフ練習場で練習も出来ました。

 

 

現在も、ゴルフ動作の練習中。

 

 

次の課題は、

ラウンドに向け、

ゴルフ場でのプレーを想定した練習です。

 

 

 

 

脳卒中つくばリハビリセンターでは、

あなたの願いを達成するために親身にサポートし、

喜びを分かち合っていきます◎

 

 

 

 

ご予約はこちら