脳卒中片麻痺体操(セラピーボールを使った座位での体重移動)

 

 

今回は、

脳卒中片麻痺の方にオススメの

セラピーボールを使った座位での体重移動と骨盤運動をご紹介します。

 

 

骨盤周囲の感覚障害や

腹筋群など体幹の活動が低下していると

体重移動が上手く行えず、

体が横振りになってしまうことがあります。

 

体幹筋を働かせた先行的に活動する

予約的姿勢制御がしっかり機能していないからです。

 

 

そんな時は、

セラピーボールの転がりを利用して、

効果的な体重移動と腹筋群の活動を高め、

体を水平に保つ体重移動を身に付けましょう。

 

 

ポイント

・ボールの転がりと肩・体幹・骨盤の動きを合わせる

・移動した側の坐骨に体重を乗せる

・麻痺側の上半身をしっかり伸ばす(抗重力方向)

 

 

是非、行ってみましょう!

 

 

 

ご予約はこちら