スラックレールの工夫した使い方(ハーフレール)

 

 

今回は、

スラックレールを使った姿勢改善や体幹・手足の機能を

高める練習をご紹介します!

 

 

スラックレールは通常、両足を縦に乗せ、バランスの練習に使う物品です。

 

その扱いやすさから、工夫次第ではトレーニングに様々な使い方が出来るため、

前回は、ステップにおけるロッカー機能の意識づけを紹介しました。

 

 

 

今回は、新たにハーフレールとして工夫した使い方をご紹介します。

 

 

使い方はいたってシンプル!

背中の下に敷き、その上に仰向けに寝ます。

 

 

スラックレールの硬さや厚みが程よく

・レールの上に寝やすい

・寝ごごちがよく、痛くない

・姿勢がまっすぐ伸びる

など利点が色々あります。

 

 

青少年や高齢者にとっても非常に使いやすいと思います。

 

 

手のひらを天井に向け、

肩まわり、背中、腰がつっぱらないようにリラックスした状態で

しっかり腹筋の活動を得ます。

 

次に、

・肩甲骨の回転運動

・両上肢の振り上げ交互運動

・股関節の挙上交互運動

・テーブルポジションのキープ

など、体幹の安定を保持した状態で、

手足の運動へと繋げていくことが出来ます!

 

 

自宅では、バスタオルを細く丸めて代用できます。

 

運動を身に付けたい方は是非トライしてみてください。

 

 

 

 

 

ご予約はこちら