脳卒中後遺症における杖の選び方

脳卒中後遺症により片麻痺になると

安全に歩くためによく杖を使います。

しかし、

杖の種類が沢山あって、どれを選んだらよいか迷ってしまい

お店に売っていた杖を何となく選んでいることも多いのではないでしょうか?

また、杖を初めて使う方にとっては、

どの様に杖の長さを合わせ、

どの様に使ったら良いのか、

わからないことも多いことでしょう。

 

今回は、

脳卒中片麻痺の方が効果的に杖が使えるように

代表的な2タイプの杖について

杖の種類、

杖の持ち方や長さの合わせ方

杖を使った歩き方をお伝えし、

より良い杖の選び方をご紹介いたします。

杖の種類と特徴

 

脳梗塞片麻痺では主に健側上肢で杖を操作しますが、

杖足の形状の違いから2タイプの杖の特徴を紹介いたします。

 

  • 単脚杖

・T字杖

支柱が一本の最もシンプルで幅広く使用されている便利な杖です。

長所は、あらゆる場面で使用でき、軽くて幅も取らず持ち運びしやすい点です。

T字杖のほとんどは長さを調整することが出来ます。

短所は、杖自体が安定しないため、強く体重を掛けられない点です。

 

・オフセット型

T字杖の上部が曲がった形状をしている杖です。

T字杖よりも幅は取りますが、支柱を気にせずしっかり握れることが特徴です。

機能は基本的にT字杖と大きくは変わりません。

 

これらの単脚杖は、安定性は補助的ですが、

扱いが簡便なため、様々な路面の形状や歩行スピード変化に対応しやすいのが特徴です。

 

  • 多脚杖

・四点杖

支柱の先端が4本の足で支えられているため幅が広く、

平らな床面で使うと安定しています。

また、杖自体を倒れずに立たせて置くことが出来ます。

欠点は、一見安定している様に見えますが、

屋外などの凸凹な地面や砂利道では4つの支柱が安定せず

却ってふらつくことがあります。

・サイドケイン

フレーム形状の四脚杖で、四点杖よりもさらに幅が広いため安定性に優れています。持ち運ぶときは2つ折りに出来る事も特徴です。

 

多脚杖は、スピードよりも安定性重視が特徴と言えます。

杖の長さの合わせ方

 

たまに仙人の様にやたらと長い杖を使っている方を見かけますが、

「杖の長さなんて、個人が使いやすければいいんじゃないの!?」

と、気にしない方もいると思います。

 

確かに使いやすさは大切ですが、

腕が疲れずにしっかり支えられる様にしたいところですね!

 

腕の力が伝わりやすく安定して使いやすい標準的な長さの合わせ方をお伝えします。

 

肩幅に足を開きまっすぐ立った状態で、

  • 床から腿骨の外側の出っ張りまでの高さ
  • 杖を持って、足先前方と外側に15cm離れた位置で付き、

肘が約20~30°屈曲している高さ

この長さが良いとされています。

背中が曲がっていたり、膝が曲がっていると微調整は必要ですが、

力の伝わりやすさ、安定性、使いやすさを意識して長さを合わせると良いと思います。

 

杖を使った歩き方

 

では、実際どの様に杖をついて歩けば良いのでしょうか?

歩行のパターンは主に3動作パターンと2動作パターンがあります。

 

3動作パターンは、杖→患側足→健側足の順番で、常に2点で体を支える安定性を重視したパターンです。

患側に対して健側の着く位置により、後ろ型、揃え型、前型となります。

単脚杖、多脚杖の両方が適応となります。

 

安定性が上がってくると、杖と患側足→健側足の順番で動かす2動作パターンとなり、歩行スピードが上がります。

主に単脚杖が適応となります。

2動作パターンは、より一般的な歩行に近い歩き方となります。

 

杖のより良い選び方

 

杖の特徴や歩き方が分かってきたところで、

さて、どのように杖を選べばよいのか、

立位の安定性行動範囲の2点を踏まえてお伝えします。

 

1点目は、立位の安定性を確認します。

いくら歩けてもふらふらして転びそうでは実用性に欠けます。

まず、手を離してしっかり立てるかチェックをしてみましょう。

手すりやテーブル、杖など支える物が必要か、

あるいは支えに頼らなくてもバランスよく立てるかを確認します。

 

支えに頼る必要がある場合は安定性の良い多脚杖が適応となります。

その安定性の度合いにより、四点杖かサイドケインを選択します。

 

支えに頼らなくても立てるのであれば、単脚杖が適応となります。

 

2点目は、行動範囲です。

多脚杖を使った3動作パターンは歩幅が狭く移動に時間がかかるため、長い距離を歩くには不利になります。

四点杖は敷地内などの限られた屋外や屋内が主な行動範囲となります。

サイドケインはほぼ屋内に限られます。

 

それに比べて単脚杖は、移動の自由が利くため、屋内外問わず行動範囲に制限はありません。

日頃の生活で移動距離が長い場合は、単脚杖をお勧めします。

まとめると、

安定性に課題があり、屋内外で移動が必要な方は四点杖、

より安定性が必要で、屋内移動に限られる方はサイドケイン、

安定性がよく行動範囲が広い方は、単脚杖をお勧めします。

まとめ

杖選びに困らないように、

手を離して立って、安定性を確認する。

より安定性が必要ならば多脚杖、

立位の安定性があって行動範囲が広い方は単脚杖を

選ぶと良いのではないでしょうか。

 

自分のライフスタイルに合わせて、

より良い杖選びをしましょう!