冬場、脳卒中からしっかり身を守ろう!

 

 

 

だんだんと寒さが厳しくなる季節、

脳卒中は冬に起きやすい傾向があります。

 

 

一体なぜ冬に脳卒中は起きやすいのか?

 

それは、

 

温度差が原因です。

 

激しい温度差によって、体の調整が効きづらくなるからです。

 

 

 

私たちの体は寒さを感じると、

交感神経が優位に働いて、

血管を収縮させます。

そのため、血圧が上がります

 

血管が急激に収縮すると、

心筋梗塞脳梗塞になりやすくなります。

また、血圧が急に上がると血管が破れやすく、

脳出血の原因になります。

 

 

反対に、

暑さを感じると

副交感神経が優位に働いて、

血管を広げます(拡張します)。

そのため、血圧は下がります

 

血圧が急に下がると、めまいやふらつきが起きやすくなります。

また、血流量が大きく変化します。

 

 

この急激な温度の変化で体がダメージを受けることを

ヒートショック

と呼びます。

 

 

私たちの体は10度以上の温度差を急に受けると、

自律神経の調整力が狂いやすいといわれています。

 

 

冬場、特に気をつけることは、

入浴です!

 

エアコンの効いた暖かい部屋で過ごしますが、

温度が下がっていることが多い脱衣所や浴室に行くと

体が急激に冷やされるため、血管は収縮し、血圧が急上昇します。

 

 

血圧が20mmHg以上変動することがあります。

いきなり、しっかり運動をした状態です!

体にとってはきついですよね!

 

 

次にこの状態で、

温かい湯船に浸かると

急激に体が温められるため、

血圧は下がり、不整脈やめまい、のぼせたりするわけです。

 

 

つまり、急激な血圧の変動に、

体の調整が追いつかなくなってしまうため、

体調に変調をきたすわけです。

 

 

では、体を守るために、対策をお伝えします。

 

 

◎入浴の際に気をつけること

・脱衣場や浴室を暖めておく

・お湯の温度は38〜40度(41度以下)

・長湯しすぎない(10分程度)

・急に立ち上がらない(半身浴で慣らす)

・お酒を飲んだ後にすぐ入浴しない

・入浴することを家族に報告する

これらのことを心掛けてみましょう!

 

 

→チェック

 

さらに、

入浴後の体の冷え

夜間のトイレも注意が必要です。

体が冷えないように、

温かい服装で過ごすように、心掛けましょう!!

 

 

冬場、しっかり体調管理と対策をして油断せず、

脳卒中や心筋梗塞を予防していきましょう。

 

 

 

 

ご予約はこちら