Medical Artが伝えるもの

 

 

2019年9月15日

茨城県土浦市 アール医療福祉専門学校

 

医療イベントとして「Medical Art 〜生きていくをアートする〜」

開催しました。

 

 

たくさんの参加者の

笑顔と感動が生まれました。

 

 

 

 

そもそもMedical Artとはどんなイベントなのか?

 

それは、

医療の枠を超えて、

生きていく姿や、

その姿をサポートする活動を伝えていくイベントである。

 

 

登壇プログラムとして

 

・最高にイケてる高齢者の写真展  山田修平さん


・OTOTAKE義足プロジェクトを通じて伝えたいこと  内田直生さん


・医療✖️旅行雑誌の可能性  ベィmagazineチーム


・脳卒中はスタートライン    竹内


・〜know No Limit〜脊髄損傷のこれまで、そして現在から未来まで  
J-Workout 谷野さん

 

そして、

車椅子に乗りながら誰でも簡単に着物が着ることができる

「明日櫻」の朝倉さんの協力を得て、

成人式のお祝いをすることができました。 担当:渡邊さん

 

私も微力ながら

脳卒中はスタートラインという題で登壇しました。

 

脳卒中を患っら、

やりたいことを諦めて

活動を制限しなければならないのか?

 

 

いえ、

そうではありません。

 

 

今の自分、これからの自分と向き合い、

可能性を追求し、

自分なりの生き方を突き進んでいくこと

 

そういう意味で、

脳卒中はスタートラインであるとお伝えしました。

 

 

登壇された方の話一つ一つに生きる意味が盛り込まれていて、

リハビリや生きることの本質とは何なのか

 

皆、同じ想いを抱いていることに気づきました。

 

 

スタッフのみなさま

着付けをしてくれた明日櫻さん

当事者・当事者のご家族

会場を貸していただいたアール医療福祉専門学校

協賛していただいたみなさま

本当にありがとうございました。

このような取り組みが

もっともっと広がることを願っております。

 

 

これからも、

脳卒中つくばリハビリセンターでは

脳卒中からの回復の可能性を追求し、

自己実現をサポートいたします。

 

 

 

 

ご予約はこちら