脳卒中のリハビリ。脳を活性化する能動的探索

 

 

私たちの日常生活における行動は、

目的を持ち、自らが意思決定し、

自らの力で動くことが一般的です。

 

脳梗塞や脳出血などの脳卒中後のリハビリは、

セラピストの手によって手足を動かされる受け身のリハビリと、

自らの意思決定で動く積極的なリハビリがあります。

 

前者を受動的と呼ぶのに対して、

後者を能動的と呼びます。

 

受動的なリハビリは、

例えば関節可動域運動などがあります。

セラピストの手によって行われる関節の運動です。

これは、自らの力で動かさないため、受動的な状態です。

 

受動的と聞くと少々マイナスのイメージがありますが、

関節の拘縮や筋肉の痙縮の予防に役立ちます。

 

 

一方、能動的なリハビリは、

自分の力で手足の体操をしたり、

立つ練習や歩く練習、

着替えやトイレ動作などをします。

 

この能動的なリハビリは脳の神経回路を強化し

動作の学習に働きます。

 

体が動かせる脳卒中の方は、

能動的な運動を繰り返していくことで学習が強化されていきます。

 

さて、この能動的な学習は、単に運動をすることではなく、

動きをしっかりと感じ取ることが大切になります。

 

例えば、

動きの方向や強さ、タイミング、

対象物との接触では固さ・柔らかさ、形、

道具を使う場合は、

道具を介して感じ取れる情報です。

 

 

臨床場面をご紹介

画像は、

タオルの中に隠れているブロックを探る課題です。

目で確認することができないため、

手探りで指定のブロックを識別しています。

 

イメージした物と手探りの物が一致したとき、

脳は大きな喜びを感じます。

 

 

臨床場面をご紹介

次の課題は

閉眼にてペットボトルの口に紐を結ぶ課題です。

紐を介してペットボトルの口元を探します。

 

能動的探索ですね。

 

この時、力任せに紐を引っ張るとペットボトルが倒れてしまうため、

力加減が必要になります。

紐を介して、ペットボトルが倒れない加減を感じ取り、強さを調整します。

 

しっかり口元が探れたら、麻痺の手で紐を結ぶ課題をこなしていきます。

 

 

私たちが何気なく行っている生活動作は、

能動的探索によって行われています。

 

この探索をリハビリに応用していくことが、

機能回復と動作獲得に繋がっていきます。

 

 

 

 

ご予約はこちら