脳卒中片麻痺体操(足と体の協調運動)

 

 

しなやかな歩きには、

滑らかな上半身と下半身の連動した運動が必要です。

 

これを協調運動と言います。

 

単に

麻痺の足がしっかり動く

体がしっかり支えられる

だけでは滑らかな動きとはなりません。

 

足や体を、

タイミングよく使うことが大切です。

 

同時に、

・腸腰筋や腹筋群

・支持面の変化の知覚

などが活性化されます。

 

動画は床上やベッドでできる練習法です。

 

脳梗塞、脳出血の方で

麻痺の足がまっすぐ保てない場合は、

足を壁につけて運動してみてください!

 

 

 

ご予約はこちら