脳卒中片麻痺に対する手指バーチャルセラピー

 

 

手指に対して、

運動錯覚や運動イメージを利用したアプローチの工夫です。

 

パソコンにて、手指の映像を作成。

 

一側上肢には手関節背屈の刺激を入力し、

映像と類似した動きを再現。

 

映像を注視して視覚的情報を入力し、

自己の身体性の一致を促します。

 

注意や半球間抑制に注意し、

反対の上肢にて同様の運動を実施する。

 

運動自体が完全に他動運動とならないように、

自分で意思決定して運動している認識を促します。

自己の身体性の一致を促すために

映像と刺激の時間軸がズレないことがポイントです!

 

 

 

ご予約はこちら