脳卒中片麻痺体操(片膝立ち)

 

片膝立ちで

股関節周囲の支持性を高めよう

 

 

脳卒中片麻痺の方は麻痺側股関節周囲の支えが崩れがち。

膝立ちを通して股関節周囲の支持性を高めていくことが可能です。

 

 

また、重錘で負荷を多方向から加えることで、

腹筋、背筋群などのコアの働きを高め、

揺れにくい体を学習することが可能です!

 

重錘はペットボトルで代用可能です!

 

 

 

ご予約はこちら